サービス

化粧品検査

*SGS化粧品安全性水銀測定


真っ白な肌、綺麗な容貌は、永遠のアジア女性の追求です。暑い夏がもうすぐ来ますが、どのようにして白くて綺麗な肌にするか、多くの女性の最も重要なものとなります。シミ専用美白製品は、長い間世間に流行っていませんでしたが、再び市場に熱狂的に支持されるターゲットとなりました。しかし、最近、シミ専用美白製品の問題は再度メディアで報道されました。広州のある会社で精算されたシミ除去クリームの水銀含有量は基準を9万倍超え、消費者が白斑症を患いました。ある他社の会社で作られた美白化粧品の水銀含有量は700倍以上基準を超えました。二名の少女が使用後、たった10日間で、相次いで医師に腎臓病症候群と診断されました。毎年、美白化粧品等の水銀含有量が基準を超えることが報道されます。違法し、それらの製品に一種塩化アミド水銀(II)という原料を添加したからです。他の美白成分に比べ、その原料は安価で、美白とシミを取り除く効果が急速で明らかです。しかし、水銀は人体に有害ですが、皮膚を通して、人体の内部に浸透し、主な器官の病理の変化を誘発する恐れがあります。その為、水銀とその化合物は化粧品中の使用は厳禁されます。中国では「化粧品衛生規範2007」で、化粧品の中の水銀量含有量が1mg/kgと明確に制限されました。

SGSにて全面的な化粧品安全測定、認証、検査等のサービスを提供します。
製品の潜在リスクを掘り起こし、品質向上と安全を確保し、市場競争力を強める取り組みをしています。下記までお気軽にお問い合わせください。

SGS化粧品に対する水銀測定は具体的に以下になります。
―測定方法:アメリカ、EU、中国指定法
―測定費用:1サンプル:6,500円~
―サンプルの重量:50g
―検査日数:分析機関(SGS)到着から5営業日


*化粧品色素に関する検査


現代の社会で、化粧品は既に一種の日常生活必需品になった。しかし、化粧品にあるいくつかの物質はいつも消費者の健康に損害をもたらす。色素もそのような物質の中の一種である。日用化学品として、化粧品そのものは多種の化学物質を含んでいる。統計によると、現在世界で約7000種以上の化学物質が化粧品の原材料として割合によって違う用途の化粧品を調合し、殆どの製品が色素を含んでいるという。資料によると、皮膚の障害を引き起こす化粧品の原材料で一番危険なのは香料で、その次は色素と防腐殺菌剤であるという。研究者の話によると、長期使用なら、光線アレルギーを起こして色素が沈着するようになる。化粧品による色素沈着は、殆ど皮膚紅潮、丘疹等の炎症を伴っている。また、色素は人々に化粧品アレルギーを招いた重要な原因の一つであり、よく見られるアレルギー症状はやけど、痒み、表皮が剥ける、軽い痛み等である。もちろん、そのような不良影響は消費者が化粧品を使う時の初志に反した。米国、EU等は化粧品の色素に対して明確な規定があり、中国の化粧品衛生標準と他の関連している法規にも色素に対して厳格な規範がある。


SGS化粧品の色素に関する検査サービス

―検査項目:化粧品の色素に関する検査20(24)種類(ローダミンB、ピグメントレッド5等、詳しい内容は以下の色素リストをご覧ください)
―検査方法:SGS実験室方法 HPLC/DAD/MSD
―見本量:30g/ml
―検査日数:分析機関(SGS)到着から9営業日

ページの先頭へ戻る

色素リスト

Test Items CAS No. CI No.
Acid yellow 23 and its salts(as Acidyellow 23)アシッドイエロー23及びその酸塩化合物(アシッドイエロー23で量を決める) 1934-21-0/12225-21-7 19140
Orange G オレンジG 1936-15-8 16230
Acid red 33 アシッドレッド33 3567-66-6 17200
Blue 1 lake and its salts'as blue 1lake)ライトブルー及びその酸塩化合物(ライトブルーで量を決める) 15792-67-3/3844-45-9 42090
Pigment red 57 and its salts (as red 7lake)ピグメントレッド57及びその酸塩化合物(ピグメントレッド57カルシウム塩で量を決める) 5858-81-1/17852-98- 1/528104-9 15850
Violet 6B アシッドバイオレット6B 1694-09-3 42640
Metanil yellowメタニルイエロー 587-98-4 13065
pigment red 53 ピグメントレッド53 2092-56-0 15585
Rhodamine B ローダミンB 81-88-9 45170
Disperse red 15 ディスパースレッド15 116-85-8 60710
Methyl violet 2B メチルバオレット2B 8004-87-3 42535
Gentian violet ゲンチアナバイオレット 548-62-9 42555
Sudan II スダンII 3118-97-6 12140
Solvent blue35 ソルベント35 17354-14-2 61554
Sudan IV スダンIV 85-83-6 26105
Orange II アシッドオレンジII 633-96-5 15510
Permanent orange パーマネントオレンジ 3468-63-1 12075
Red 40 and its salts (as Red 40)レッド40 及びその酸塩化合物(レッド40で量を決める) 25956-17-6/68583-95-9 6035
Confo Red コンゴレッド28 573-58-0 22120
Red 28 and its salts(as Red 28)レッド28及びその酸塩化合物(レッド28で量を決める) 13473-26-2/18472-87-2 45410

 

化粧品検査のご注文

ページの先頭へ戻る

まず「ご注文の流れ」をご確認ください。
RoHS分析の注文書をダウンロードしていただき、ご記入の上、メール添付かFAXにてお送りください。

ステップ1:分析注文書に必要事項を入力し、申し込みステップ2:分析機器に分析試料を送付するステップ3:分析終了後に速報のご連絡ステップ4:報告書と請求書を納品ステップ5:指定口座に請求金額をお振込下さい

分析注文書(PDF)ダウンロード

分析注文書(EXCEL)ダウンロード

※1検体の重さが500g以上の場合は、送料を別途お見積りさせていただく場合がございます。

注文書送付先

メール送付 info@dger.jp
FAX番号 03-6666-9267

試料・サンプル等送付先

送付先住所 〒135-0007 東京都江東区新大橋3-5-1 平野ビル1F

その他お問い合わせ先

メールでお問い合わせ お問い合わせフォーム
電話番号 03-6666-9268
  • このページのプリント