サービス

食品容器・包装分析

欧州規制(EC)No.1935/2004(2011年10月公布、12月施行)において食品容器・包装の安全基準が定められています。

プラスチック規制開始(2011年1月公布、5月施行)

プラスチックについてはNo.10/2011(2011年1月公布、5月施行)で規定されており、プラスチック製のねじ蓋、缶の内部コーティング等が対象となります。

規制対象対象
プラスチック容器、ボトル、ホイル、缶の内部コーティング
ねじ蓋、ガラス、包装材のプリントインキ、着色剤 等

食品容器・包装分析料金表

ページの先頭へ戻る

EU NO-10/2011
10 %エタノール抽出物 12,000円~
20 %エタノール抽出物 12,000円~
50 %エタノール抽出物 12,000円~
3 %酢酸抽出物 12,000円~
オリーブ油抽出物 78,000円~

食品容器・包装分析のご注文

ページの先頭へ戻る

まず「ご注文の流れ」をご確認ください。
分析の注文書をダウンロードしていただき、ご記入の上、メール添付かFAXにてお送りください。

ステップ1:分析注文書に必要事項を入力し、申し込みステップ2:分析機器に分析試料を送付するステップ3:分析終了後に速報のご連絡ステップ4:報告書と請求書を納品ステップ5:指定口座に請求金額をお振込下さい

分析注文書(PDF)ダウンロード

分析注文書(EXCEL)ダウンロード

※1検体の重さが500g以上の場合は、送料を別途お見積りさせていただく場合がございます。

注文書送付先

メール送付 info@dger.jp
FAX番号 03-6666-9267

試料・サンプル等送付先

送付先住所 〒135-0007 東京都江東区新大橋3-5-1 平野ビル1F

その他お問い合わせ先

メールでお問い合わせ お問い合わせフォーム
電話番号 03-6666-9268

食品容器・包装分析について詳しく知る

欧州規制(EC)No.1935/2004(2011年10月公布、12月施行)において 食品容器・包装につき安全基準が定められています。

具体的には、食品容器・包装から溶出する化学物質が食品に移行し 人体に害を及ぼしたり、食品の風味を損ねることを防ぐものです。

プラスチックについてはNo.10/2011(2011年1月公布、5月施行)で 規定されており、プラスチック製のねじ蓋、缶の内部コーティング等が対象となります。

 

分析対象:プラスチック容器、ボトル、ホイル、缶の内部コーティング ねじ蓋、ガラス、包装材のプリントインキ、着色剤 等

紙類は明確な規制がありませんが、欧州規制(EC) No.2001/72/ECに従い紙容器内部をプラスチック類でコーティングされていること、液体脂肪の多い食品に使用する容器である場合は、別途記載する物質の溶出量が規定値以下であることを確認することが求められます。

  • このページのプリント