2019年7月22日より改正RoHS指令(RoHS2.0)に伴い、RoHS2.0禁止物質が6物質から10物質となります。
新たに追加される物質は、フタル酸エステル類4物質で以下の通りです。
・DEHP:フタル酸ジニエチルへキシル
・BBP:フタル酸ブチルベンジル
・DBP:フタル酸ジブチル
・DIBP:フタル酸ジイソブチル

 

【分析価格について】
2019年7月22日の改正Rohs指令(Rohs2.0)に伴い、ディファレントはRohs分析およびフタル酸4項目の分析価格を期間限定で特別価格にて分析いたします。
〇RoHS指令 追加フタル酸4項目 セットプラン(DEHP,DBP,BBP,DIBP)
  特別価格:25,000円~ 納期:8営業日

〇RoHS2.0 10物質 セットプラン (RoHS6+DEHP,DBP,BBP,DIBP)
  特別価格:44,500円~ 納期:8営業日

 

Rohs分析/フタル酸エステル分析の価格については、下記のリンク先を参照ください。
Rohs分析の価格
フタル酸エステル分析の価格

 

【規制の経緯について】

改正RoHS指令に伴う4種のフタル酸エステル類(DEHP、BBP、DBP、DIBP)が規制物質に追加されることにより、従来のRoHS6物質(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB、PBDE)に加え、合計10種類の有害化学物質規制が2019年7月22日から始まることなりました。

Rohs2.0禁止物質10種の対象として、制御機器・その他の電気・電子機器・医療機器+玩具などの製品となります。
※一部のカテゴリーを除く

 

■RoHS2.0 禁止10物質一覧■

改正RoHS指令(RoHS2.0)にて、禁止される物質は以下の通りです。
禁止物質 規制濃度(閾値) 備考
0.1wt%(1,000ppm)  
水銀 0.1wt%(1,000ppm)  
六価クロム 0.1wt%(1,000ppm)  
PBB(ポリブロモビフェニル) 0.1wt%(1,000ppm)  
PBDE(ポリブロモジフェニルエーテル) 0.1wt%(1,000ppm)  
カドミウム 0.01wt%(100ppm)  
DEHP(フタル酸ジニエチルへキシル) 0.1wt%(1,000ppm) 新規追加物質
BBP(フタル酸ブチルベンジル) 0.1wt%(1,000ppm) 新規追加物質
DBP(フタル酸ジブチル) 0.1wt%(1,000ppm) 新規追加物質
DIBP(フタル酸ジイソブチル) 0.1wt%(1,000ppm) 新規追加物質

 

■対象製品カテゴリ■

Rohs2.0禁止物質10種の対象となる製品は以下の通りです。
  対象製品カテゴリ 適用開始 RoHS2
1 大型家庭用電気製品 2006/7/1
2 小型家庭用電気製品
3 IT機器及び遠隔通信機器
4 民生用機器
5 照明機器
6 電動工具
7 玩具、レジャー、スポーツ機器
8 医療用機器 医療用機器 2014/7/22
体外診断用医療機器 2016/7/22
9 監視・制御機器 監視及び制御機器 2014/7/22
工業用監視・制御装置 2017/7/22
10 自動販売機 2006/7/1
11 上記カテゴリに入らないその他の電気・電子機器 2019/7/22

 

■適用除外用途■

Rohs6、Rohs2の適用除外用は以下の通りです。

  RoHS6 (2002/95/EC) RoHS2 (2011/65/EU)
規制物質 6物質 Pb,Hg, Cd,Cr6+,PBB,PBDE 10物質 Pb,Hg, Cd,Cr6+,PBB,PBDE, DEHP,DBP,BBP,DIBP
対象製品 カテゴリー1~7と10 全ての電気電子機器(カテゴリー1~11)
適用除外用途(Exemption) Annex Annex III (現Annex)
Annex IV (カテゴリー8&9専用)
適用除外用途の有効期限 4年 カテゴリー1~7と10: 最大5年
カテゴリー8と9: 最大7年